気になるエンタメデラックス

様々な芸能スクープや旬の話題をお届けします。

スターウォーズのおすすめの見る順番は?初心者でも大丈夫?

      2015/11/26

全世界に熱狂的なファンを持つ映画スターウォーズの最新作が

2015年12月18日から公開されます。

ルーカスフィルムがディズニーに買収され、

ジョージ・ルーカスさんが監督を離れてから初の3部作ということもあり、

エピソード7「フォースの覚醒」は世界的にも注目の高い作品となっています。

今回は本作が初めてのスターウォーズ初心者でも大丈夫なように、

これまでのスターウォーズのあらすじなどについて調べてみました。

スポンサードリンク

スターウォーズのあらすじを確認しよう!

スターウォーズシリーズは、

惑星タトゥイーンに生まれたアナキン・スカイウォーカーと

彼を取り巻く人々、そしてその子孫たちが、

銀河で勢力を二分する争いにおいて活躍する姿を描いたもので、

アナキン・スカイウォーカーが主人公となる新3部作(EP1~3)と

その息子ルーク・スカイウォーカーを主人公とした旧3部作(EP4~6)

からなる壮大な物語です。

スターウォーズ 見る順番 初心者 おすすめ

《新3部作》

銀河共和国を治める「ジェダイ騎士団」に、

フォースの力を見出されたアナキン・スカイウォーカーは、

ジェダイの騎士として着実に力をつけていましたが、

スターウォーズ 見る順番 おすすめ

悪の対立組織である「シス」に目をつけられ、

ダークサイド(フォースの暗黒面)に飲み込まれてしまいます。

ダークサイドに飲み込まれたアナキンが

シスの暗黒卿ダース・ベイダーと化したことでジェダイ騎士団は壊滅。

スターウォーズ ダースベイダー

ジェダイを壊滅させた皇帝・パルパティーンによる支配が始まりますが、

アナキンの子どもたちは生きていて、

かすかな「希望の光り」が後世につながっていく・・といった流れです。

《旧3部作》

皇帝・パルパティーンを中心とする帝国の支配が始まってから

約20年後、オルデラン王女のレイア・オーガナ姫らが率いる

反乱同盟軍は帝国との戦いを続けていました。

ハンソロ レイア ルーク エピソード7

そんななか、彼女の密命を受けたドロイドによって

力を見出されたルーク・スカイウォーカーは同盟軍に加わり、

彼らとともに銀河帝国との戦い始めます。

スターウォーズ フォースの覚醒 ルーク

その戦いの最中、父がアナキンであることを知ったルークは、

オビ=ワン・ケノービやヨーダの教えを受けながら

少しずつ成長を遂げ、父や皇帝との「最終決戦」に突き進む・・

といった流れです。

・・・はい・・かなり「ざっくり」しています(苦笑)。

スターウォーズのファンの方々からは「適当に書くな」などと

お叱りを受けるかもしれません(苦笑)。

スターウォーズ フォースの覚醒 ダースベイダー

映画以外にも小説やアニメなどを含めると

書ききれないくらい「物語」は存在します。

スポンサードリンク

私もスターウォーズファンなので書きたいことは山ほどありますが

今回はあくまで初心者の方々向けということで

ご理解ください。

おすすめの見る順番は?

これまでエピソード1から6まで公開されているスターウォーズシリーズですが、

初心者だとついエピソードの番号通りに見てしまいたくなると思います。

ですが、スターウォーズシリーズは、

公開された順番とエピソードの順番が異なっており、

公開された順番で見ることで

よりストーリーが追いやすくなると言われています。

スターウォーズ エピソード あらすじ

1977年公開 EP4「新たなる希望」
1980年公開 EP5「帝国の逆襲」
1983年公開 EP6「ジェダイの帰還」
1999年公開 EP1「ファントム・メナス」
2002年公開 EP2「クローンの攻撃」
2005年公開 EP3「シスの復讐」

エピソード4から6までは旧3部作、

エピソード1から3までは新3部作と呼ばれています。

こちらもエピソード順ではなく、

公開された順番になっているので注意が必要です。

スターウォーズ 見る順番 おすすめ 評価

個人的には

エピソード4⇒5⇒6⇒1⇒2⇒3、

そして、その後に1から順番に6まで見ることをおすすめします。

何度も見る必要があるのかといった突っ込みは無しでお願いしますww

フォースの覚醒から始まる新たな3部作

最新作エピソード7「フォースの覚醒」は、

エピソード6「ジェダイの復讐」から30年後が舞台となっています。

また、これに伴い、

帝国軍は「ザ・ファースト・オーダー」

反乱軍は「レジスタンス」と、

それぞれ呼び方が改められられました。

監督を務めるのは「スター・トレック イントゥ・ダークネス」を手がけたJ.J.エイブラムスさん。

これまでのシリーズを手がけてきたジョージ・ルーカスさんはクリエィティブ顧問を担当しています。

スターウォーズ フォースの覚醒 感想

一部では、ジョージ・ルーカスさんは、スターウォーズシリーズはエピソード6で完結とし、続編を作らないとの意向を示していたとも伝えられていましたが、

エピソード7にもクリエイティブ顧問として関わっており、今回の「フォースの覚醒」はスターウォーズシリーズの正統的な続編であることが伺えますね。

公開されると熱狂的なファンはもちろん、そうでなくても

内容だけでなく映画の興行収入などの面でも話題になるであろう

スターウォーズシリーズ。

個人的にも、例えば予告編はYouTubeなどで

最低でも30回くらい確認しているので楽しみですwww

今回も様々な話題が上がりそうですね。

スポンサードリンク

 - スターウォーズ

  関連記事