気になるエンタメデラックス

様々な芸能スクープや旬の話題をお届けします。

天童荒太の悼む人が映画化!気になる生い立ちや本名やおすすめ作品など

   

2015年2月14日に、自身の小説をもとにした映画『悼む人』が公開されることでも

話題になっている天童荒太さん。

小説家として活躍されていますが、どのような生い立ちを歩まれているのでしょうか。

今までの作品情報なども含めて気になるポイントを深堀りしましょう。

スポンサードリンク

天童荒太プロフィール

天童荒太プロフィール

名前:天童荒太(てんどう あらた)
本名:栗田教行(くりた のりゆき)
出身:愛媛県
誕生日:1960年5月8日
職業:小説家、推理作家
デビュー:1986年

生い立ちとペンネームにした理由

愛媛県立松山北高等学校、明治大学文学部演劇学科卒業。

童話や映画脚本など様々な賞に応募して

本名の「栗田教行」名義で投稿した「白の家族」が野性時代新人文学賞を受賞しました。

『ZIPANG』『アジアンビート』など

映画の脚本などを手がけた後に、ペンネーム「天童荒太」名義で小説を書くようになったとのこと。

ペンネーム「天童荒太」にしたのは

「白の家族」で一度新人賞を取った後にミステリー賞に応募することになり、

「同じ名義で落ちたらみっともない」と考えたからであって

最初はあとで本名に戻すつもりだったみたいです。

それが結果的に受賞で名前が宣伝されまくったこともあって

このままペンネームで活動を続けることを決めたのだとか。

それにしても本名とペンネームで全然違うのですね。

「荒太」という名前は、自分が書いていた小説の登場人物に付けようと考えていた候補の1つのようで

彼の父親が姓名判断にかなりこだわる方で、最終的に苗字は「天童」しかなく

「天童荒太」のペンネームが生まれたみたいです。

天童さんは最初はこのペンネームがあまり好きではなかったようですが、

名前を変えてから小説が今まで以上にかけるようになったみたいで

変えて本当に良かったと仰っています。

数々の賞を受賞

様々な小説作品を出されていて、「白の家族」以降も数々の賞を受賞されています。

『孤独の歌声』第6回日本推理サスペンス大賞優秀作(1994年)。

『家族狩り』第9回山本周五郎賞受賞(1995年)。

『永遠の仔』第53回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)受賞(2000年)。

『悼む人』第140回直木賞受賞、愛媛県文化・スポーツ賞受賞、第6回本屋大賞第8位(2009年)。

『歓喜の仔』第67回毎日出版文化賞(文学・芸術部門)受賞(2013年)。

『永遠の仔』『あふれた愛』は、1999年、2000年にそれぞれ直木賞候補にあがっていました。

他にも『孤独の歌声』や『包帯クラブ』なども発表され、

『家族狩り』は2004年に改訂版が出版されています。

テレビドラマや映画にもなり

『孤独の歌声』(主演は斉藤由貴さん。1994年)

『永遠の仔』(主演は中谷美紀さん、渡部篤郎さん。2000年)

『孤独の歌声』(主演は内山理名さん。2007年)

『家族狩り』(主演は松雪泰子さん。2014年)

『包帯クラブ』(主演は柳楽優弥さん。2007年)

そして2015年2月14日には

高良健吾さん主演で『悼む人』が公開されます。

『悼む人』が映画化

これは死者を「悼む」ために全国を放浪する男性を主人公に、

自分自身と関わりを持った人々との人間模様が描かれるとのこと。

堤幸彦監督がメガホンをとり、

主人公の坂築静人を高良健吾さん、

高良健吾 悼む人

ヒロインである奈義倖世を石田ゆり子さんが演じています。

石田ゆり子 悼む人

天童さん小説が原作とあって、「重め」の作品で

生きるとは何かなど哲学的なことを考えさせられるようです。

ヒロインとして出演した石田ゆり子さんは

スポンサードリンク

『悼む人』が映像化される時には、どうしても出たいと

自ら志願したようです。

石田ゆり子さんについては、

石田ゆり子が独身で結婚しない理由は?あさいちで映画について語る!でも触れています。

石田さん本人いわく、「とっても難しい役」だったみたいです。

女優として約20年間のキャリアを積んできた彼女でも

「自分の役への取り組み方を、今までとは全く違うやり方にせざるを得なかった」

「あまりにも役が重すぎて、自分の想像力だけでは補えなかった」

「考えるだけ考えたら・・ここで女優人生が終わっていいという気持ちで・・自らを預けました」

と語っていました。

ものすごい覚悟ですね。

おすすめ作品は?

様々な作品を発表されて、数々の賞を受賞されていることもあり

これから初めて天童荒太さんの作品を読むときに

「何を読んだらいいのか」「おすすめは何?」と思いますよね。

私自身、今まで読んだことがなかったので

おすすめはあるのか調べてみました。

今であれば映画化されて話題になっている

『悼む人』から読むのがテッパンでしょうね。

それ以外では

『家族狩り』はミステリー作品で衝撃的なシーンなどもあるようですね。

『包帯クラブ』は心が傷ついた人を癒やす少年少女の話となっていて

人生観や社会問題などを問う他の作品よりもさわやかな印象で読みやすいとのこと。

他には『永遠の仔』をすすめる人も多いですね。

ただ、「重い」作品が多いので

読むときには、ある程度の「覚悟」も必要みたいです。

それでも数々の賞を受賞されているので名作であることは間違いないと思われます。

今回のまとめ

『悼む人』公開の時期とあって、高良健吾さんや石田ゆり子さんとともに

番宣活動も兼ねてテレビ番組にも出演される機会がありますね。

寡作で知られ、発表作品は少ないですが

出す作品のほとんどが何らかの賞をとっていることを考えるとすごいです。

少し蛇足ですが

天童さんはインターネットには触れず、携帯電話も持っていないそうです。

日々どのような生活をされてアイデアが浮かぶのか

その辺りも個人的には気になるところです。

今後の活躍に注目しましょう。

スポンサードリンク

 - 作家

Comment

  1. 【天童荒太】5年目の3・11の前に届けたかった鎮魂の思い『ムーンナイト・ダイバー』 | tamoyu.com より:

    […] 出典:http://topic.entertainment555-attention-column.com/ […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

湊かなえ
湊かなえは結婚している?映画やドラマ化作品おすすめランキングは?作家を志した理由を告白?
星野源
星野源のSUNのかわいいダンサーは誰!?病気は現在は大丈夫?aikoとは破局?
谷川俊太郎
谷川俊太郎のおすすめ詩や代表作は?生きる教科書はスヌーピー好き?
乙武洋匡
乙武洋匡の不倫の真相や性格がヤバイ?どんな人と?嫁と離婚か?
羽田圭介
芥川賞を受賞の羽田圭介に障害あり?仕事や彼女は?デーモンが話題?
影木栄貴
DAIGOの姉の影木栄貴がフライデー?北川景子の似顔絵も話題?
中園ミホ
中園ミホは占い師で四柱推命が得意?夫や子どもは?林真理子との関係
又吉直樹
又吉直樹の小説『火花』のあらすじや評価や感想は?個性的な髪型や熱愛彼女はいる?
本上まなみ
本上まなみは略奪婚だった?現在や夫の関係は?自宅は京都で場所は?
サンプラザ中野くん
サンプラザ中野くんが病気で激ヤセ?素顔はベジタリアン?宗教も?